八幡仏教会について

八幡学区には数多くの寺院があります。滋賀県は人口10万人当たりの寺院数では日本一。我等が近江八幡は県内で寺院数が一番の市町。つまり、近江八幡は日本一の「お寺のまち」なのです。

なぜ?近江八幡に寺院が多いのか?

八幡商人の仏教寺院への帰依・寄進によること。かつて多くの領主によりこの地に寺院建立がされたこと。秀次公による町づくりと寺院移転によること。飛鳥の時代聖徳太子が蒲生野に多くの寺院創建されたこと。等々・・・いずれにしましても、近江八幡に綴られてきた歴史・文化、先人たちの智慧と帰依によって「お寺のまち:近江八幡」が築かれてきました。

近江八幡市の仏教寺院数は195ヶ寺(著「近江八幡の仏教寺院」平成25年発行より)。内、31ヶ寺が八幡学区に位置しています。

こうした中、昭和45年4月。八幡学区の各寺院が、宗派を超えて、仏教精神に基づき地域の方々への仏教(お釈迦様のお教え)流布を目的として「八幡仏教会」が設立されました。

現在、27ヶ寺が当会の会員寺院として事業活動をしています。

 その主な事業は・・・

・花まつりの開催 ・年末助け合い托鉢実施 ・物故者の追悼会
・会員研修会の開催 ・定期的役員会および年度総会の開催 等 です。

 現 小川雅英 八幡仏教会会長の手記(抜粋)より

昨今の様々な心痛む社会事象は、「今だけ・金だけ・自分だけ」という人間の傲慢さから生じているように感じます。だからこそ、お釈迦様のお教え・智慧を広め、より多くの人々が幸せになるための活動を仏教会という宗派を越えた組織でやっていきたいと考えます。「愛のある祈りのまち近江八幡」をスローガンに、会員心をひとつにがんばっていきたいです。

 

今後、さらに当会の目的を達成するために・・・
・「八幡仏教会」のホームページの開設(令和5年4月)
・だれもが気軽に参加できる「ほんわか法話会(仮称)」の開催
・当会の事業活動のホットな発信
・みなさまとの双方向ネットの開発   等

「今だからこそ」「八幡ならでは」の活動を展開していきたいと考えます。

みなさまのご理解とご賛同をよろしくお願いいたします。

合掌   

(記 太光寺 八耳住職)

 

【令和5年度八幡仏教会役員】

会長  普陀山妙法寺 住職 小川雅英(正禅)
副会長 加納山願故寺 住職 北元明教
総務  紫金山洞覚院 住職 岩崎道丈
会計  如意珠山果徳院宝積寺 住職 岸川知徳

 

【八幡仏教会に関するお問合せ】

下記のメールアドレスへお問合せください。

hachiman.buddhist.temple.assoc@gmail.com

または

管理者:cyberboz@maroon.plala.or.jp